ロゴ
HOME>オススメ情報>鑑定書がないダイヤモンドも売れるの?ダイヤの種類と買取のポイント

鑑定書がないダイヤモンドも売れるの?ダイヤの種類と買取のポイント

ダイヤモンド

ダイヤモンドの種類やランクについて

ダイヤモンドを持ってはいるものの、その関連書類である保証書などを紛失してしまっている場合はあまり価値のあるものとは言えません。結婚指輪などで有名なダイヤモンドですが、実は希少価値は低い貴金属であり、購入した店の保証書がなければその価値はなくなってしまいます。現在も採掘が続けられているので軽視されることが多いのですが、それは一般的なダイヤの話となっているので気を付けましょう。ダイヤモンドはピンクダイヤなどの希少価値の高い種類のものも存在し、それらは保証書の有無にかかわらず高額で取引されてます。そのため保証書と鑑定書がないからといって二束三文で手放す必要がないこともあるので、しっかり買取業者に鑑定してもらうようにしましょう。

ダイヤモンド

高額で売れるダイヤモンドと売れないダイヤモンドの違い

持っているダイヤモンドを買取り業者に引き取ってもらう際には、その査定金額にかなりの差がつくことが多くあります。カラット数が多い、色がしっかりついているなどでダイヤモンドの金額はかなり変化するので素人には判断が難しいです。そのため保証書と鑑定書が重要となってきますが、そうした関連書類がない場合は改めて発行してもらう必要があります。一般的なものであれば割とぞんざいに扱ってしまっても構いませんが、高カラットのカラーダイヤの場合はもったいないです。改めて鑑定してもらうと意外なほど高額な査定をもらえる時があるので、不用品回収業者についでに引き取ってもらうようなことはしないようにしましょう。早めに専門業者にダイヤの鑑定を依頼し、そのダイヤの価値を把握すればその後の処分方法の方針を決められます。